So-net無料ブログ作成
検索選択

洋上風力施設の種類


スポンサーリンク

洋上風力発電の施設には、着床式と浮体式の2方式があります。着床式は海の底に風車の基礎を固定することで安定性を保つ構造となっています。比較的に浅い海に適した方式で、洋上風力の大部分が着床式を採用しています。一方、浮体式は、風車を浮かせたうえで、重りなどで係留する方法です。深い海でも風車を設置することが可能となります。

スポンサーリンク


タグ:洋上風力